静岡県 綜合不動産ウィングス

中国不動産紀行
※好評をいただきました「悠久の、あっチャイナ!」は、vol.23をもって終了させて頂きました。
中国の話題は引き続き「WINGSチャネル」(ブログ)にて掲載しております。
こちらのコーナーもどうぞヨロシクお願い致します。

vol.11  新年  好!/2006年2月掲載

  中国の正月は、1月29日である。日本では、いわゆる暦の上での旧正月、中国では『春節』と言う。今年は、禁止されていた爆竹・花火類でのお祝いも13年振りに解禁され、独特の爆竹音が各地に戻ってきていたようだ。ただ、当局が懸念しているのは、『鳥インフルエンザの流行』すなわちウイルスの拡散であり、この春節の前後の約1ヶ月間には、都市部と農村部との民族大移動(日本で言うUターン)が20億人が予想されている上、正月料理として鳥料理もたくさん食卓に並ぶため、神経を尖らせている。

  一方、中国国家統計局が1月25日に発表した中国の05年の国内総生産(GDP)の実質成長率は9.9%で、なんと4年連続で9%以上の高い伸びであり、筆者としても約2年7回の渡中で実感・納得できた、いやそれ以上のケタ外れな数値である。ちなみに日本円にして273兆4,815億円、我が日本は533兆9,000億円(04年度)ちょうど半分の規模になっており、フランスを抜いて世界第5位になった見込み。日本が少子化傾向であり、2007年の団塊の世代の退職問題等を鑑みると、中国に抜かれるのはそう遠くない将来であろう。

  最後に筆者の今年の渡中は、上半期だけで2度予定しています。3月には、初めて重慶(昨年のサッカーアジアカップで反日感情が爆発した?市民の多い政府中央直轄都市)を訪ねて、重慶のマンション事情、また21世紀の中国最大の国家プロジェクト『三峡ダム』に関する事項をレポートさせていただくつもりです。そして5月には、秦の始皇帝の墓稜がある西安にも行きたく思っております。(あくまでも予定!) それでは本年も、この中国の不動産事情・世相を綴ったコラムをよろしくお願い致します。

バックナンバー

2009年5月掲載
vol.23  北京の街は、キレイになった!
2009年4月掲載
vol.22  中国情報に関する愛読書
2009年1月掲載
vol.21  世界金融危機の中国に対する影響は?
2008年12月掲載
vol.20  シルクロードと始皇帝 PartU
2008年11月掲載
vol.19  シルクロードと始皇帝 PartT
2008年9月掲載
vol.18  弾丸列車(中国版新幹線)に乗った!
2008年8月掲載
vol.17  北京五輪、華やかに開幕!
2008年6月掲載
vol.16  上海にも、ホットペッパーが…あった!!!
2008年4月掲載
vol.15  万里の長城は晴天なり!
2007年11月掲載
vol.14  大連のその後、そして北京へ!
2007年7月掲載
vol.13  厦門駅前は、なんと!!!
2007年4月掲載
vol.12  ニーハオ!中国
2006年2月掲載
vol.11  新年  好!
2005年12月掲載
vol.10  上海日本人向け貸しマンション情報
2005年11月掲載
vol.9  伝統と先進性を会わせもつ中国社会
2005年9月掲載
vol.8  日本人のコミュニティ
2005年8月掲載
vol.7  ついに、人民元切り上げ!!
2005年6月掲載
vol.6  中国不動産の購入方法
2005年5月掲載
vol.5  大連のマンション相場の動向
2005年4月掲載
vol.4  発展する中国経済
2005年3月掲載
vol.3  日本バブルの後追い?中国マンション事情
2005年2月掲載
vol.2  沸騰する中国
2005年1月掲載
vol.1  アメリカを追い抜く?中国